\ 最大10%ポイントアップセール! /

【賃貸OK】キャットウォークを壁を傷つけない方法で作る【5つの事例】

  • URLをコピーしました!
記事のポイント
  • 賃貸でも安心な壁に傷をつけないキャットウォーク例を紹介します
  • 実際に作りたい人向けに、参考になる動画をまとめました
  • 最後に、キャットウォークをつくるときの注意点を紹介します

猫を飼っていると、一度は憧れるキャットウォーク。

「うちは、賃貸だしな…」「壁に穴をあけるのはちょっと…」と諦めていた人も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

でも、諦めるのはまだ早いですよ。実は、壁に傷をつけずにキャットウォークをつくる方法はあるのです。

この記事では、壁を傷つけることなくキャットウォークをつくるアイデアと、代表的な事例の制作方法を紹介していきます。

目次

【賃貸でもOK】キャットウォークを壁に傷をつけないで作る5つの方法

各種SNSをリサーチしたところ、壁に傷つけることなくキャットウォークを作成している事例がいくつも見つかりました。

簡単なものから、作りごたえのあるものまで5つの事例を紹介します。

キャットウォークの作成事例
  • ニトリのディアウォールで骨組みをつくる
  • ラブリコで骨組みをつくる
  • 突っ張り棒型のキャットウォークを設置する
  • 壁面に設置できる家具を利用する
  • カラーボックスを重ね置きする

ニトリのディアウォールで骨組みをつくる

おすすめポイント
  • おしゃれなキャットウォークがつくれる
  • 木材に金具で固定するので強度が高い
  • 猫ちゃんに合わせて柔軟に調整が可能

「お値段以上、ニトリ♪」で有名な、家具のニトリで販売されている「ディアウォール」を利用したキャットウォークです。

このディアウォールは、板材の端にはめ込むことで突っ張り棒のように固定することができます。

部屋のスペースに合わせて自在に作成できるうえ、固定部分が突っ張り棒型のため壁に傷がつきません。

釘やネジで壁に固定する必要がないため、賃貸などでも気軽に利用できます。

ただ、作業が大掛かりになるため、DIY初心者には少しハードルが高いと感じられるかもしれませんね。詳しい作業工程は、後ほど参考動画とともに紹介します。

突っ張り棒型のキャットウォークを設置する

おすすめポイント
  • DIY不要で誰でも簡単につくれる
  • キャットウォーク自体の安全性が確保されている
  • デザイン性の高いものが多い

市販のキャットウォークの中には、突っ張り棒型で壁に傷をつけることなく設置できるキャットウォークが販売されています。

天井の高さなどを事前に確認する必要がありますが、しっかり組み立てられているため、安全性が高く安心です。

猫が使いやすいように、ステップ部分に滑りにくい加工などが施されている商品も多いです。

デザイン性も部屋に馴染みやすい落ち着いたデザインから可愛いデザインまで様々です。好みに合わせて選ぶ楽しみがありますね。

壁面に設置できる家具を利用する

おすすめポイント
  • 部屋全体の一体感が生まれる
  • すでに持っている家具を利用可能
  • 猫家具のシリーズを揃えるのも楽しい

テレビ台や本棚など、すでに持っている家具を組み合わせることで壁面にキャットウォークをつくることができます。

部屋の空間を無駄なく立体的に使うことができ、猫と人間の生活空間に一体感を感じられます。

また、メーカーによっては猫との生活を意識してデザインされた「猫家具」を販売しています。LOWYA(ロウヤ)が有名ですね。

家具の中に猫ちゃんが楽しめる空間を意識してつくられており、より部屋づくりがおしゃれで快適に整います。

カラーボックスを重ね置きする

おすすめポイント
  • スペースに合わせて大きさの調整が簡単
  • 低コストでつくれる
  • DIY不要で誰でも簡単につくれる

カラーボックスを重ね置きすることで、キャットウォークをつくるアイデアです。

カラーボックスを重ねるだけなので、スペースの調整や作成が非常に簡単なのが魅力的です。

DIYに自信がない人でも簡単に作成可能です。猫ちゃんが移動する面に、100均のカーペットシールを貼り付けるなど、アレンジしてあげるとより快適になりますね。

壁に傷をつけないでキャットウォークを自作する【参考動画】

キャットウォークを実際に作ってみようと考えるあなた向けに、参考になるYou Tube動画を紹介していきます。

ニトリのディアウォール

応援クリックお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次